梅雨のスタイルキープ
 梅雨入りしたと同時の快晴、何とも皮肉なカンジです

でもやってくるんですよね

あのジメジメした日々が・・・

生乾きの洗濯物に、ジトッとした布団....

耐えられません

そこで!我が家で活躍しているのが除湿器です。

あ.....ヘアケアの話しでしたね。

とりあえず置いておいて、先ずは除湿器良いですか?

我が家では7〜8年使っておりますが、これが本当に便利なんです

寝室に入れて、朝出かける前にスイッチを押せば布団サラサラ。

昼間家にいないので部屋専門ですが干し、一晩で確実に乾きます。

長々と干してから乾燥機に入れるより、細菌の増殖も抑えられます。

まだオヤジ臭いと言われたくないので!!

乾燥させたい部屋から部屋に移動するだけで、びっくりする程のお水がたまります。

これはもう本当にびっくり。

「空中にこんなに水がとんでるの!?」

ってなる事請け合いです。

自分なんかこのときのために除湿器使ってるようなものです

除湿器の選び方ですが、3つのタイプがあります。

1.コンプレッサー式

2.ゼオライト式

3.ハイブリット式

コンプレッサー式は冷風が出ます。いわゆるエアコンの除湿機能と同じです。

エアコン置けないけど涼しくなりたい方には良いかもしれませんが、

エアコンがあればそれで良いような気がします。

ご存知のように、肌寒いような時は効き目が実感出来ません。

自分が使ってるのはゼオライト式です。

温風が出てくるので部屋が暑くなりますが、真冬でも使えます。(ここ重要です)

そもそも除湿器って人が居ない所で活躍するんです。

居ない間にサラサラに.....なので昼間使いたくなったら人が居ない部屋。

寝室やバスルームに洗濯物吊るして除湿器を入れればばっちりです。

コンプレッサーとゼオライト、両方の力を持ったハイブリットタイプも

お値段がこなれてお求めやすくなってきましたが、

除湿能力だけ考えれば必要無い気も...。

と、ここで髪の毛に戻ります。

髪は4つの結合から成り立ってます。

追ってご説明いたしますが、

パーマやカラーの時に切ったりくっつけたりする結合と、

絶対に切れてはいけない結合の他、

誰もが毎日切ったり付けたりしている結合があります。

それが水素結合です。

濡らすと切れて、乾かすとくっつきます。

これを利用してブローやアイロンでのセットをしています。

一度はかっこ良く決まっていたヘアースタイルも、

表に出たとたんなんだか....

これは髪の毛が空気中の水分を吸って、結合が切れてしまうからなんです。

梅雨時期の空気中にはびっくりするくらいの水が.......笑。

ダメージ毛ほど癖が出やすく、キューティクルが壊れて親水(水を吸い込みやすい)に

なっていますから、スタイルも壊れやすいといえます。

キューティクルの代わりになって表面を疎水(水を嫌う性質)にしてくれるように、

オイルを塗る事をおすすめします。

ベタベタに塗ると逆にスタイルキープしにくくなりますし、

紫外線などでオイル焼けの恐れもあります。

ごく薄く何度も手グシを入れてダメージ部分を中心に付けましょう。

スタイリング終了後じゃないと意味がありません。

使うタイミングもとっても重要です。

除湿器で部屋はサラサラ、髪はオイルでサラサラです

勿論、ストレートパーマやデジタルパーマなど、

熱を利用してかけるパーマも効果的です。

ZOOTには色々なパーマがあります。

疎水と親水と言うお話はもっともっと続きます。

長くなりましたのでその話しはいつか。






p.s.   暑いときの除湿はコンプレッサー式が能力も高く、電気代もお安いので最近の主流のようですね。冷房機として考えると、殆ど涼しくないようです。ゼオライト式の温風よりは良いのでしょうけどね。
| zoot | 明日使えるムダ?知識 | 19:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
本日、最後の客になりました私です。その節はお世話になりましたm(__)m

早速、読ませていただきましたが、ムダどころかめっちゃ役立つ知識ですね!!

除湿器の便利さには驚きですが、それ以上に髪って水素結合なのか〜!そんな性質があるのか〜!ということを知って、なんかなんかとても頭良くなった気がします(笑)いやいや、個人的にはとても興味深くて、こういう話好きです!

次回の記事も楽しみにしております(^o^)v
| キョンシー | 2010/06/16 10:38 PM |
キョンシー様

ご来店&早速のコメントありがとうございます。
頑張って髪の毛伸ばしていきましょうね。
ネタの続く限り頑張りますので、
生暖かい目で見守ってやってください。

| ZOOT | 2010/06/17 9:05 AM |
なりほろ、なりほろ〜。メモ片手にブログを
読まないと、ですね。

梅雨の時期の「髪の毛 倍増 湿度計より正確に
湿度がわかる状態」は、オイルで回避できるのですね♪
オイルって椿油みたいのしか浮かばないのですが
それで正解でしょうか。

| さだきち | 2010/06/19 10:02 PM |
>さだきちさん

コメントありがとうございます。
この話しは長くなるので後で記事にしたいと思います。
椿油でも良いのですが、重くなってしまっては元も子もないので
本当に少量がポイントです。
方初の表面は18メチルエイコサン酸という撥水性の脂肪酸が
薄く覆っていて、毛根から皮脂を運ぶ役割を果たします。
厳密に言うと植物油とは少し構造が違います。
非常にアルカリに弱く、パーマで半壊、カラーで全壊すると言われてます。
これを補う程度です。
根元はもとから18MEAが残っていますので、上から油を乗せると
皮脂が出過ぎたような状態になります。
18MEAは人工のものもありますし、一部で悪者扱いされてしまっている
シリコンもここで使うのには非常に効果的です。
目的に応じて混合されたものを選ばれると良いように思います。
| ZOOT | 2010/06/23 7:00 PM |









トラックバック機能は終了しました。